31103.com

    Yasuhito Saito Official Website

    ©2017 Yasuhito Saito All rights reserved. Photo by Mr.Harper

    PROFILE - プロフィール

    About Me

    さいとうのこと

    あーしゃ

    斉藤康仁 Yasuhito Saito

    作曲/編曲家, 音楽プロデューサー, ゲーム音楽作家, ギタリスト

    1967.03.15生まれ, Rh+B型
    北海道札幌市出身, 札幌市南区在住, 左利き
    身長178cm, 体重あり
    好物はたこ焼き, 肉まん, 焼きそば, 水
    SOYS Entertainment/CLIONE RECORDSプロデューサー

    1985年にゲーム音楽作家としてデビュー以来、数々の名作をリリース。1997年に自分でソフトウェア開発会社を起して代表取締役に就任するも会社の10周年目前の2006年に辞任、本格的に音楽活動を始める。
    以後、札幌の様々なバンドでギタリストとして精力的にライブ活動を行いつつ、地元アーティストのアレンジャーやバックバンドギタリストの仕事をこなす傍ら、ゲーム音楽制作も行う。
    2011年9月、小幡シュウスケ(Drum)とのユニット「SOYS」が始動!ついにというか、ようやく自分が作った曲を演奏する場所を作り、アーティスト活動をボチボチ始める。
    札幌羊ヶ丘展望台のクラーク博士像の作者「故・坂 担道」は母親の従兄である。
    現在の所属バンドは、SOYS, バーボンナイツ

    History

    さいとうに歴史あり

    1967.03.15 『ご生誕』

    札幌市中央区に生まれる。かなり可愛い子供だったにちがいない。

    1971〜 『音楽好きの学生』

    札幌市南区真駒内に転居。
    ちなみに幼稚園は「光塩学園女子短期大学附属幼稚園」、小学校は「札幌市立真駒内小学校」、中学校は「札幌市立真駒内曙中学校」、高校は「北海道立札幌工業高等学校 電気科」、自動車学校は「鉄工団地自動車学園」
    小さい頃からベンチャーズが好きだった。家にはオルガンがあって、歌謡曲のメロディを耳コピして弾いていた。小学校5年生の学芸会の楽器演奏をきっかけに、自分は音楽好きだと自覚する。音楽を誰かに習った事は一度もないが、強いて言えば音楽の師匠はそのときの担任の田中秀典先生だ。全然音楽ダメな先生だったけど(笑)。
    中1で初めてフォークギターを手にする。最初は右用で弾いてて挫折。その後ひょんな事から左用のギターに出会い、いきなり弾けた。それからハマりまくる。
    高校生になった年、初めて自分のエレキギター(YAMAHA SG-1000L)を手にする。当時はギター弾きになりたくて、作曲とか編曲の知識は全くなかった。

    1985〜 『自分には音楽を作る事が出来ると判った』

    ゲーム音楽作家としてデービーソフトのゲームタイトルよりゲーム音楽作家デビュー(ただの会社員だけど 笑)。面接のとき、作曲なんてまともにやった事ないのに「できます。」つって入った(笑)。でもやってみたら出来た(笑)。当時のパソコン内蔵音源用の演奏データでDelay効果をかける事を思いつく。
    まだゲーム音楽が「ぷ」とか「ぴ」とか「ぽ」という感じだった時代に、より音楽的なアプローチを試み、現在でも、「当時のものとは思えないほどの高クオリティである」と評される事もある。
    この頃から食費に巨額の投資を始めて太りだす。

    代表作:「うっでぃ・ぽこ」「ヴォルガードII」「鉄道王」「177(もう時効でしょ:笑)」
    色んな意味で代表作(笑):「頭脳戦艦ガル」はドラクエでお馴染みのすぎやまこういち氏に酷評され、照れる(笑)。同タイトルは、みうらじゅん氏によって「クソゲー」に認定され、笑う(笑)。
    「177」は当時国会でも話題になった伝説のエロゲー(笑)。話題になったおかげでめちゃくちゃ売れた。

    1988〜 『プロの仕事を教わった大阪』

    データウエスト株式会社に移籍(単に会社変わっただけだけど)に伴い大阪に移住。以後、数々のゲーム音楽を手がける。
    アスキー社(現エンターブレイン社)ログイン誌主催「ゲーム大賞」の「サウンド賞」を3年連続受賞。

    東芝EMIよりゲーム音楽CD「サイキック・ディテクティヴシリーズ・ザ・ベスト」(TOCT-6381:廃盤)発表。
    アレンジャーに、GO-BAN'Sを手がけたGO氏、ヒカシューのベーシスト坂出雅海氏&トルステン・ラッシュ氏、CM界の売れっ子大森俊之氏、マニュピレータに、久石譲の元専属シンセオペレーターで、今井美樹、藤井フミヤ、東京スカパラダイスオーケストラのレコーディングにも参加した橋本由香利氏といったメジャーどころに参加して頂いた、当時のゲームCDとしては異色の一大プロジェクトだった。
    その時に体験したプロのレコーディング現場は自身にとって貴重な体験となる。
    その後、MIDIでの表現力を活かし創成期から通信カラオケデータの制作に携わる。
    クリエイターやクリエイトという行為を必要以上に神聖化しない事、プロとしての姿勢、仕事や商売の基本は全てこの時代にデータウエストの秋田直和社長から教わった。ビジネスの師匠はこの人だと思っているし、今でも尊敬している。
    代表作:「サイキックディテクティヴシリーズ」「第4のユニットシリーズ」「ライザンバーシリーズ」。

    1995〜 『自分は何者かを考えた』

    データウエスト退職。札幌に帰省後フリーでゲーム音楽制作を行う。
    代表作:「Ground Zero」(TechWin誌連載)、「マルチメディアメーカー」(アスキー/現エンターブレイン)。
    就職はしたくない。ではどうやって生きて行こうか、とか考えてたなぁ。なぜか東京に移住する事は全く考えてなかった。

    1997〜 『自分で生きていくという事や世の中について勉強した』

    デービー時代の同僚プログラマ2人とソフトウェア開発会社、株式会社パラボリカを設立。初代代表取締役に就任。
    エンターブレイン社「RPGツクール4」などの音楽を担当。
    色々な曲をオルゴールに編曲したCDがディスカバリークリエイティブより発売中(札幌スタイル認証商品)。
    制作した着メロデータは、某メジャー着メロサイトよりダウンロード可。この仕事はアレンジやMIXを勉強するのにとても役に立った。
    経理とか社会保険などの事を一から勉強し、そこらの事務員よりも知識をつけた。とにかく世の中の仕組みがよーくわかった。人間として成長できた時代。

    2001〜 『ミュージシャンとしてのリハビリ期間』

    縁があって千歳の街でJUNCOに出会う。何をしたわけでもないがJUNCOから「師匠」と呼ばれる。なので弟子にした(笑)。一番弟子である。ちなみに二番弟子の「みゆき(鍵盤奏者)」ってのもいるが、今はどこで何をしてるやら(笑)。「JUNCO&Her's Band」「エゾシカーズ」といったバンドでE.Guitar担当したり、そのうち山口孝司や藤崎アキに出会ったり。千歳「カトマンズクラブ」で夜な夜なセッション三昧。お客さんの前で演奏する事に対する修行時代。千歳はミュージシャンとしてのリハビリをさせてくれた街。

    2005 『札幌デビュー』

    株式会社パラボリカ組織変更に伴い代表取締役退任。取締役になる。
    ミミ山田総長、山口孝司に誘われるままムード歌謡バンド「バーボンナイツ」結成に伴いギター担当として加入。オフィス観音の構成員となる。
    これをきっかけに札幌のミュージックシーンに突如顔を出す。デビューライブ後、「今までどこにいた?」と言われたのを覚えてる(笑)。音楽仲間が一気に増加。
    JUNCOのミニアルバム「Piano」に、アレンジャー、ギタリスト、レコーディングエンジニアとして参加。

    2006 『本当の意味での独立宣言』

    6月に株式会社パラボリカ取締役辞任。つまり会社を辞めた。
    31103.com を中心に、音楽活動を主とした活動にシフト。
    40歳を目前にして「やれるとこまでやりたいことをやってみる」事にする。名実ともに独立だ。なぜかヒゲと髪を伸ばし始める(笑)。
    インディーズ通販ショップ「斉藤屋」開店&ビデオ制作プロジェクト「VIVID VISION」立ち上げ。
    山口孝司のバンド、The Kojing Revueのアルバムに参加したのをきっかけに、サポートギタリストとしてライブにも参加。
    JUNCOのバックバンドであるアコースティックユニット「弦職人」結成。ギタリスト&バンマスとして参加。
    JUNCOを札幌に引っ張り出したくて、ヤナギダ氏が率いる小鹿音楽事務所全面協力のもとにバンド「ブラックシャドゥ」結成。ギタリスト&バンマスとして参加。
    The Kojing Revueが島村楽器主催「HOTLINE2006」北海道FINALでグランプリを受賞した事で、初めて演奏の用事で東京遠征を実現。恵比寿ガーデンホールにて演奏する。
    年末恒例「COVERの宴」ではジプシーローズこと藤野羽衣子と共演。

    2007 『特に貴重な出会いの年』

    ブラックシャドゥを「JUNCO&ブラックシャドゥ」に改名。
    山口孝司のインディーズレーベル「SpiceNote/SpiceNoteRecords」に参加。同時に、山口孝司のバンド「KOJING.PLANET」にギタリストとして加入。
    MAGI whiteより、久々のゲーム音楽担当作品「エグザミネイター」発売。
    SpiceNote主催でKOJING.PLANETのデビューワンマンライブ「10YEARS」をKRAPS HALLで開催。約192名の観客を動員、大成功を収める。
    とあるスタジオでCLIONE RECORDSの小幡愁昌と出会う。初対面ではない(ライブ「10YEARS」のPAアシスタントだったし)ものの、初めてちゃんと喋った。その場でいきなりLet'sのシングル「MACHI〜大切な場所〜」アレンジを打診され、あっさり請ける。その縁で釧路出身のデュオcloverのデビューアルバムにギタリストとして参加。さらにその縁でcloverのプロデューサーに就任。釧路市民文化会館でのワンマンライブなどにも参加。
    JUNCO3rdアルバム「素晴らしき人生」を全権プロデュース。同アルバムレコ初ワンマンライブを恵庭市島松の夢創館で行い、音楽イベントでの観客動員記録を樹立。
    元LOOKのSAXプレイヤー、チープ広石氏のクリスマスライブにJUNCOとともに余興部長として参加(笑)。大盛況のうちに終了。
    年末恒例「COVERの宴」ではビブゼルの三国義達氏、広本葉子氏(元B'zのサポートKb.)、ケイゾー氏、夷と初共演。
    SpiceNoteレーベル、KOJING.PLANET活動停止。
    石狩市の石狩鍋復活プロジェクトの一環として制作された公式ソング「石狩鍋 with YOU!!」(歌唱:Let's)の制作チーム「くまちゃんづ」に参加。北海道内スーパーの鮮魚コーナーにてヘヴィローテーションされる(笑)。
    そうそう、この年の半ばくらいから周囲の婦女子が「病気じゃないの?」と心配するほど痩せ始める。きっと会社経営のストレスから本当に解放されたって事だろうなぁ。

    2008 『ゲーム音楽家としてのリハビリの年』。

    年初からcloverイベントで道内のジャスコを回る。
    チープ広石氏のドキュメンタリームービー「SAME OLD STORY」上映会ミニライブで共演。ヴァイオリニスト高杉奈梨子とも共演。好評だった気がするが、なぜかそれ以降声はかからない(笑)。
    小幡愁昌と共に「音楽をちゃんと事業にしましょ」というコンセプトで音楽制作プロダクション「SOYS Entertainment」旗揚げ。レコーディングスタジオ「SAN Studio」とインディーズレーベル「CLIONE RECORDS」の運営もSOYS Entertainmentで行う事になる。様々なレコーディングにおいてプロデュースやアレンジを行ったりギタリストとしても参加。
    時間的な問題や、ライブハウスにカネを払って出演する事に疑問を感じ、いわゆる「趣味バンド」の活動をほぼすべて凍結。その影響でライブ数は激減。この年の趣味のバンド活動は、CLIONE VOICEと年末のCOVERの宴(藤野羽衣子と共演)だけ。
    ゲーム音楽の仕事の打ち合わせで数年ぶりに東京に行った。飛行機の搭乗システムが変わっていて驚く。

    2009 『多忙になってきた。』

    「SOYS Entertainment」が益々忙しくなる。「くるくるラッコ行進曲 c/w おやすみクーちゃん」は大好評。釧路市内のCDショップにてGacktを抑えていきなり4位にランクイン(笑)。釧路根室管内の幼稚園、小学校などに教育委員会を通じて300枚以上を寄贈。釧路市より感謝状を授与される。このプロジェクトの関係で釧路に行く機会が激増。同時に、ゲーム音楽の仕事も慌しくなった。
    4月からカンテレ奏者のおおいえのりことのユニット活動を開始。合計14本のライブを行った。札幌以外では石狩市厚田区、伊達市、中頓別町、音威子府村にも遠征。好評を得る。多忙のあまり、朝寝て昼起きる生活のままこの年を終える。

    2010

    おおいえのりこNEWアルバムのプロデューサー/ギタリストとしてシゴトハジメ。SOYS Entertainmentも新体制に。さらには新事業や、新バンド結成の予定。今年も忙しくなりそう。だけど楽しそうだ。

    LIVE History

    主なライブ出演履歴

    2005

    4月:支笏湖ビジターセンター(akiバンド, JUNCO)
    5月:『恵庭ライオンズクラブ40周年記念式典』@恵庭市民会館(JUNCO+ドラ弦)
    7月:『手稲ライブジャム』@JRほしみ駅前特設ステージ(JUNCO+ドラ弦+よっち)
    7月:千歳アウトレットモール「レラ」出演(山口孝司と斉藤さん)
    7月:『in the air』@Spiritual Lounge(バーボンナイツ)
    9月:『観音秘宝館 -札幌衛生博覧会-』@KRAPS HALL(バーボンナイツ)
    11月:ビアワークス千歳出演(akiバンド)
    11月:『御意見無用』@Spiritual Lounge(バーボンナイツ)
    12月:『COVERの宴 2005』@KRAPS HALL(バーボンナイツfeat.赤十字リカ)

    2006

    5月:『春の息吹コンサート』@支笏湖ビジターセンター(山口孝司と斉藤さん)
    5月:『春の息吹コンサート』@支笏湖ビジターセンター(akiバンド「フレンズ」, JUNCO)
    6月:『千歳軽音楽連盟合同演奏会』@千歳市民文化センター(カトマンズクラブ)
    6月:『シークレットライブ』@ROAM(The Kojing Revue)
    7月:『FIRST REVUE』 The Kojing Revueレコ発ワンマンライブ@Bridge(The Kojing Revue)
    7月:『千歳スカイビアフェスタ』@千歳市役所駐車場特設ステージ(JUNCO&弦職人)
    7月:苫小牧ジャスコ出演(山口孝司と斉藤さん)
    7月:島村楽器『HOTLINE2006店予選』@札幌ステラプレイス店。オーディエンス賞受賞(The Kojing Revue)
    8月:『たそがれコンサート』@千歳アウトレットモール「レラ」(JUNCO&弦職人)
    8月:『カルチャーナイト』@きたえーる(JUNCO&弦職人-B)
    8月:『VIVA! BAMBI CARNIVAL2』@カピバラカフェ(JUNCO&弦職人)
    8月:『Moonlight Forest II』@Bridge(The Kojing Revue)
    9月:『第1回支笏湖山線コンサート・1日目』@支笏湖ビジターセンター(藤崎亜希, JUNCO&弦職人-B)
    9月:『第1回支笏湖山線コンサート・2日目』@支笏湖園地パークハウス(藤崎亜希, ブラックシャドゥ)
    9月:『土佐プロジェクト/ブラックシャドゥ』@スローハンド(ブラックシャドゥ)
    10月:島村楽器『HOTLINE2006北海道FINAL』@ペニーレーン24。グランプリ受賞(The Kojing Revue)
    10月:『Roll&Tone Vol.3』@Bridge(The Kojing Revue)
    11月:『SAPPORO ART STAGE 2006』@大通駅南北線コンコース(The Kojing Revue)
    11月:島村楽器『HOTLINE2006 JAPAN FINAL』
    @恵比寿ガーデンホール(The Kojing Revue)
    11月:『SAPPORO ART STAGE 2006』@JRタワースクエア東コンコースLEGS前(The Kojing Revue)
    11月:『クローシェ』@SOUND CRUE basement(The Kojing Revue)
    12月:『JUNCO&弦職人/FORESTMOON/ジャージーズ』@スローハンド(JUNCO&弦職人)
    12月:『in the air HOLY NIGHT Vol.3』@Spiritual Lounge(ブラックシャドゥ)
    12月:『COVERの宴 2006』@KRAPS HALL(チーム羽衣子、チーム山口、小鹿組)

    2007

    1月:『「初めての」ちゅう〜2007』@Spiritual Lounge(The Kojing Revue)
    1月:『第13回大学対抗バンド合戦』のゲスト@ペニーレーン24(The Kojing Revue ラストライブ)
    3月:『10YEARS』 KOJING.PLANET デビューワンマンLive@KRAPS HALL(KOJING.PLANET)
    3月:『slowhand ROCK CIRCUIT Vol.12』@YAMAHAフィールズ(JUNCO&ブラックシャドゥ)
    3月:『Scrambled Eggs vol.85』@BESSIE HALL(JUNCO&ブラックシャドゥ)
    4月:『SCREAM』@SUSUKINO810(JUNCO&ブラックシャドゥ)
    5月:『春の息吹コンサート』@支笏湖ビジターセンター(JUNCO&弦職人)
    5月:『春の息吹コンサート』@支笏湖ビジターセンター(山口孝司と斉藤さん)
    5月:『TURN AROUND』@Spiritual Lounge(KOJING.PLANET)
    5月:『中年ギタリストの宴Vol.4』@スローハンド(KIYA-HEN氏と共演)
    6月:『KOJING.PLANETアコースティックVer.』@NOSU-BINA(KOJING.PLANETアコースティックVer.)
    6月:『Live de Night』@SOUND CREW, グランプリ受賞(Clover)
    6月:『Another side of DEADSTOCK』@mole(JUNCO&ブラックシャドゥ)
    7月:『ルタオスイーツクラブin恵庭』@キャッスルENIWA(KOJING.PLANETアコースティックVer.)
    7月:『2007スカイ・ビア&YOSAKOI祭り』@千歳市役所特設会場(JUNCO&弦太鼓職人feat.鍵盤男)
    7月:『くしろ霧フェスティバル』@釧路国際交流センター前(Clover)
    7月:ジャスコ釧路店イベント@釧路イオンマイホームセンター(Clover)
    7月:インストアライブ@ポスフール釧路店(Clover)
    8月:札幌ビアガーデン@大通6丁目アサヒビールステージ(Clover)
    8月:『KOJING.PLANETアコースティックVer.』@櫻珈琲煎房藻岩店(KOJING.PLANETアコースティックVer.)
    8月:『Independence Day of Real Sound Vol.1』@mole(KOJING.PLANET)
    8月:ario札幌エントツ広場(JUNCO&弦太鼓職人feat.鍵盤男)
    8月:大通公園6丁目ステージ(JUNCO&ブラックシャドゥ)
    9月:『インディアン水車祭り』@サーモンパーク千歳(JUNCO&ブラックシャドゥ)
    9月:『BACKHOME』cloverワンマンライブ@釧路市民文化会館小ホール(Clover)
    10月:『観音秘宝館-ススキノ発禁演芸会-』@KRAPS HALL(バーボンナイツ)
    11月:『Let's Drink!!!』@Spiritual Lounge(JUNCO&ブラックシャドゥ)
    11月:『釧路短期大学学園祭』(clover)
    11月:インストアライブ@ポスフール釧路店(clover)
    12月:慰問ライブ@キャスル清田(clover)
    12月:『素晴らしき人生』レコ発ワンマンライブ@夢創館(JUNCO)
    12月:『イオンDEクリスマス』@ジャスコ釧路(clover)
    12月:『CHEEP HIROISHI Xmas Party』@ASIAN BLUE札幌(JUNCOと二人で余興)
    12月:納会の余興ライブ@○シザキ北海道(clover)
    12月:『COVERの宴2007』@KRAPS HALL(チーム三国、チームケイゾウ、夷+サイトウ)

    2008

    1月:『clover 1万人に聴いて欲しい!キャンペーン』@イオン札幌苗穂SC(clover)
    1月:『clover 1万人に聴いて欲しい!キャンペーン』@イオン札幌平岡SC(clover)
    2月:『clover 1万人に聴いて欲しい!キャンペーン』@イオン苫小牧SC(clover)
    2月:『SURVIVAL SHOW CASE vol.7』@KRAPS HALL(clover)
    2月:『clover 1万人に聴いて欲しい!キャンペーン』@イオン発寒SC(clover)
    2月:『clover 1万人に聴いて欲しい!キャンペーン』@イオン旭川西SC(clover)
    2月:『Teens Wonderful Festival』@イオン釧路昭和SC(clover)
    4月:『SAME OLD STORY』上映会@ASIAN BLUE札幌(チープ広石、高杉奈梨子)
    4月:『April Power Play』@Modan Time(CLIONE VOICE)
    5月:『ポスフールリニューアル1周年記念イベント』@ポスフール釧路店(clover)
    5月:『cloverミニライブ in 釧路市動物園』@釧路市動物園(clover)
    5月:『手宮稲荷神社夜桜Live2008』@小樽手宮稲荷神社(clover)
    7月:『2008スカイ・ビア&YOSAKOI祭り』@千歳市役所特設会場(JUNCO&弦職人)
    7月:『音楽処presents Live』@ウイングベイ小樽(clover)
    8月:『161倉庫13周年記念ライブ』@161倉庫(CLIONE VOICE)
    9月:『第5回釧路大漁どんぱく』@会場内特設ステージ(clover)
    9月:『釧路市産業祭り』@会場内ステージ(clover)
    10月:『Heart & Soul Vol.1』@夢創館(clover)
    12月:『Power Play』@Modan Time(CLIONE VOICE)
    12月:『COVERの宴2008』@KRAPS HALL(チーム羽衣子)

    2009

    1月:『clover Live@湧学館』@京極町生涯学習センター湧学館(clover)
    2月:『ミコ レコ初ライブ』@ZIPPY HALL(Mico)
    3月:『DISCO NIGHT』@Modan Time(Mico)
    4月:『Sweet Life Style Vol.1』@玄米ごはんカフェ・じょじょ(おおいえのりこ)
    5月:『Sweet Life Style Vol.2』@石の蔵ぎゃらりぃ・はやし(おおいえのりこ)
    5月:『森からの贈り物』@さぱらホール(おおいのりこ)
    6月:『Sweet Life Style Vol.3』@カントリーキッチン・アン(おおいえのりこ)
    6月:『Sweet Life Style Vol.4』@ノーザンライフ(おおいえのりこ)
    7月:『Sweet Life Style Vol.5』@cafe ICHIDA(おおいえのりこ)
    8月:『FMくしろイベント』@ポスフール釧路店(ひらぶきゆうこ/clover)
    9月:『第6回釧路大漁どんぱく』@会場内特設ステージ(clover)
    9月:『Sweet Life Style Vol.6』@BOSCO(おおいえのりこ)
    9月:『Modan Time 5周年』@Modan Time(Mico)
    9月:『恵庭 Sound Festa 2009』@恵庭市民会館大ホール(clover)
    9月:『Sweet Life Style Vol.7 in 伊達』@川のほとりのCafe(おおいえのりこ)
    9月:『Sweet Life Style Vol.8 in 定山渓』@定山渓自然の村(おおいえのりこ)
    10月:『光の森2009』@中島公園日本庭園特設ステージ(clover)
    10月:『この地球の家族2009』@モエレ沼公園ガラスのピラミッド(おおいえのりこ)
    10月:『Sweet Life Style Vol.10 in 中頓別』@森のキッチンHARU(おおいえのりこ)
    10月:『Sweet Life Style Vol.11 in 音威子府』@天塩川温泉(おおいえのりこ)
    11月:『佐野愛美 来札ライブ』@Modan Time(clover)
    11月:『Sweet Life Style Vol.12』@石の蔵ぎゃらりぃ・はやし(おおいえのりこ)
    11月:『Sweet Life Style Vol.13』@石の蔵ぎゃらりぃ・はやし(おおいえのりこ)

    2010

    4月:『Sweet Life Style Vol.14』@にぱぱハウス(おおいえのりこ)
    4月:『第4回国際樹液サミット』@美深com100(おおいえのりこ)
    5月:『Sweet Life Style Vol.16 in 音威子府』@天塩川温泉(おおいえのりこ)
    5月:『Sweet Life Style Vol.17 in 稚内』@ギャラリーKUMO(おおいえのりこ)
    6月:『Sweet Life Style Vol.18』@カントリーキッチン・アン(おおいえのりこ)
    8月:『そらの七夕コンサート』@JRタワー展望室T38(おおいえのりこ)
    11月:『第一回北海道物産展』@Modan Time(CLIONATION)
    12月:『COVERの宴2010』@KRAPS HALL(チームさいとう、チームShige)

    ※WindowsのIE8を基準にデザインしています&JavaScriptをONにして見てね&リンクフリー!